大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  ウチダ ヨシキ
  打田 良樹   健康栄養学部 健康栄養学科   教授
■ 標題
  Characteristic Difference of Biological Activity between Arg-containing and Lys-containing Peptides(塩基性アミノ酸ArgとLysを含む18残基ペプチドの性質と生理活性の比較)
■ 概要
  抗菌活性ペプチドは,その特異な構造と細胞膜が相互作用して活性が発現すると考えられている。本研究では,塩基性アミノ酸であるArgとLysで構成される18アミノ酸残基の抗菌活性ペプチドのデザインおよび合成を行い,合成ペプチドの生理活性を検討した。食中毒菌である黄色ブドウ球菌や大腸菌に対する抗菌活性,ヒト赤血球に対する溶血活性およびガン細胞に対する作用を検討した結果,Argを含むアナログは細菌類およびガン細胞に対し強い毒性を示した。
担当部分:共同研究につき,本人担当部分抽出不可能

  分担執筆:Y. Mizoe, N. Shioi(Aoki), S. Terada, Y. UCHIDA, M. Kuroki and S. Lee
  共著   Peptide Science   2009,213-216頁   2010/02