大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  ウチダ ヨシキ
  打田 良樹   健康栄養学部 健康栄養学科   教授
■ 標題
  Synthesis of novel fatty-acyl gratisin derivatives(新規アシル化グラチシン誘導体の合成)
■ 概要
  グラチシン(GR)は,グラム陽性菌に対し強い抗菌活性を有する環状ペプチド抗生物質である。 本研究では、Octanoyl‐(Lys)n n=0~3 配列をもつGR誘導体を合成し、抗菌活性、ヒツジ赤血球溶血活性を測定した。その結果、Lys残基を1~3個結合させたGR誘導体は、グラム陰性菌に対しても高い抗菌活性を示し、溶血活性が低下した。この現象は,真核生物および原核生物の膜構造への親和性の違いに起因するものと推察された。

担当部分:共同研究につき,本人担当部分抽出不可能

  分担執筆:M. Tamaki, T. Harada, K. Fujinuma, K. Takanashi, M. Shindo, M. Kimura and Y. UCHIDA
  共著   Chemical and Pharmaceutical Bulletin   60(6),743-746頁   2012/06