大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  ウチダ ヨシキ
  打田 良樹   健康栄養学部 健康栄養学科   教授
■ 標題
  Salusin-β, an Antimicrobially Active Peptide against Gram-Positive Bacteria(グラム陽性細菌に対する抗菌活性ペプチドSalusin-β)
■ 概要
  Salusin-βはほ乳動物の組織に存在する20アミノ酸残基からなるペプチドで、心血管系に様々な作用を示すと考えられている。我々は、このペプチドが黄色ブドウ球菌、枯草菌や巨大菌等のグラム陽性菌に抗菌活性を示すこと、およびこの活性はSalusin-βのN末端側に存在することを見いだした。さらにこの抗菌活性の作用メカニズムは、細菌細胞膜の破壊に起因するものであると考えられた。

担当部分:共同研究につき,本人担当部分抽出不可能

  分担執筆:M. Kimura, M. Shindo, T. Moriizumu, N. Tagawa, A.Fujinami, I. Kato and Y. UCHIDA
  共著   Chemical and Pharmaceutical Bulletin   62(6),586-590頁   2014/06