大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  キムラ マサヒロ
  木村 雅浩   健康栄養学部 健康栄養学科   教授
■ 標題
  Syntheses of Gramicidin S Analogues Consisting cis-D-Phe-Pro Peptide Bond.
(cis-D-Phe-Proペプチド結合を含むグラミシジンS類似体の合成)
■ 概要
  11アミノ酸残基からなるグラミシジン S アナログを化学合成したcyclo(-Val-Orn-Leu-X-D-Phe-Pro-Val-Orn-Leu-D-Phe-Pro-)(X=Ala, Leu, Orn, Lys, Arg)。このうち塩基性アミノ酸を導入したアナログがグラム陰性菌に対して強い抗菌活性を示し、かつ溶血活性は低下した。さらに今回合成したアナログは、cis-D-Phe-Proを含む新規ターン構造を有していることが明らかとなった。

担当部分:共同研究につき,本人担当部分抽出不可能

  分担執筆:Ichiro Sasaki, Manabu Kokuno, Mitsuno Shindo, Masahiro Kimura, Yoshiki Uchida and Makoto Tamaki
  共著   Peptide Science 2008;   213-214頁   2009/03