大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  キムラ マサヒロ
  木村 雅浩   健康栄養学部 健康栄養学科   教授
■ 標題
  Enzyme-linked immunosorbent assay for anti-tropomyosin antibodies and its clinical application to various heart diseases.
(抗トロポミオシン抗体のエンザイムイムノアッセイの開発と各種心疾患における臨床応用)
■ 概要
  自己免疫性心筋炎は心筋に対する自己抗体が出現する疾患であり,また各種心疾患においても,抗心筋抗体が認められることが知られているが,その成因、病態、診断、治療法が確立されていない。「病気の成り立ち」と「臨床検査値・栄養状態」のかかわりを理解することを目的に、筋肉を形作るタンパクのひとつであるトロポミオシンを抗原とした抗トロポミオシン抗体ELISAの開発と各種心疾患での出現頻度を調査した。その結果,今回開発した臨床検査法は心疾患における免疫異常の検出に有用であり,心疾患の成因に免疫異常が関わっていると考えられた。
担当部分:共同研究につき,本人担当部分抽出不可能

  分担執筆:藤田 綾 ,黒田将子,多田尚人,日高 洋,木村雅浩,竹岡啓子,永田正毅,佐藤秀行,網野信行
  共著   Clinica Chimica Acta   第299巻(1-2号),179-192頁   2000/09