大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  ホウキ マサノリ
  保木 昌徳   健康栄養学部 健康栄養学科   教授
■ 標題
  まれな病型の腸回転異常症の一例
■ 概要
  (担当部分)考案、発表、執筆 (概要)11歳男。繰り返す嘔吐、腹痛を主訴とした遅発型の腸回転異常症の治験例。本例において結腸の走行は正常であったが、盲腸が上行結腸内側に移動し横行結腸との間に存在した索状物が十二指腸空腸移行部を圧迫していた。又、十二指腸ループ・空腸ループの回転がみられず、十二指腸空腸移行部があたかも小腸間膜に巻き込まれるような形態をとりつつ同部の膜様部による圧迫を受けていた。
  保木昌徳、八木 誠、吾妻達生、山東勤弥、鎌田振吉、岡田 正
  共著   日本小児外科学会雑誌   33(2),288-293頁   1997/04