大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  ホウキ マサノリ
  保木 昌徳   健康栄養学部 健康栄養学科   教授
■ 標題
  SIRSモデル動物育成のための徐放性エチオニンおよび徐放性リポポリサッカライド
■ 概要
  (担当部分)立案、動物実験 (概要)DDSの手法を用い、エチオニンおよびリポポリサッカライドを徐放化することにより糖尿病モデルおよびSIRSモデルラットの作成に成功した。本方法は、いろいろな薬物放出に応用可能であり、今後様々な実験モデル動物への応用が期待できる。
  嘉悦 勲、内田熊男、塩見隆史、宮本正章、保木昌徳、大柳治正、須谷康一
  共著   人工臓器   26(2),534-538頁   1997/04