大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  ホウキ マサノリ
  保木 昌徳   健康栄養学部 健康栄養学科   教授
■ 標題
  Shimada分類にて原発巣とリンパ節転移巣間で異なる予後判定像を示した神経芽腫の1例
■ 概要
  (担当部分)患者管理 (概要)腹部正中の交感神経節原発の神経芽腫症例に対して摘出術を施行した。術後の組織検討にて原発巣と転移リンパ節巣のShimada分類による所見が異なっていた。モザイクタイプあるいは転移巣の自然成熟化が示唆された。
  秦信輔、 八木誠、 保木昌徳
  共著   日本小児外科学会雑誌   34(2),327-330頁   1998/04