大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  ホウキ マサノリ
  保木 昌徳   健康栄養学部 健康栄養学科   教授
■ 標題
  99m-Tc HSADを用いた出血シンチグラムが出血部位同定に有用であった小児の小腸粘膜下動脈瘤の一例
■ 概要
  (担当部分)患者管理、データ収集 (概要)出血部位の同定に難渋した小児消化管出血例に対して99m-Tc HSADを用いた出血シンチグラムが出血部位同定に有用であった。99m-Tc HSADを用いた出血シンチグラムは、出血部位不明の消化管出血の診断に欠かせないものと思われた。
  朝野 聡、窪田昭男、米倉竹夫、保木昌徳、野瀬恵介、酒井健一、山内勝治、野上隆司、大柳治正
  共著   日本小児放射線学会雑誌   14(1),44-47頁   1998/02