大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  ホウキ マサノリ
  保木 昌徳   健康栄養学部 健康栄養学科   教授
■ 標題
  大腸切除術後早期からの低残渣食飲用による術後管理法の経験について
■ 概要
  (担当部分)データ収集 (概要)『患者自身が半消化態栄養剤を経口的に飲む』という術後栄養管理法を15例に施行した。栄養学的にも血漿蛋白は維持され、体重減少も最小限に抑えられた。術後管理法としても管理自体容易であった。絶食という患者の術後のストレスを軽減し、術後症例としての臨床的回復も早いという印象であった。在院日数の短縮という効果も得られた。縫合不全、腹腔内膿瘍という合併症の発生もなく、安全に管理を行うことができた。
  井上善文、 曹英樹、 保木昌徳、 本多正治、 砂田祥司、 田中康博、 渡辺洋敏、 高尾哲人
  共著   輸液・栄養ジャーナル   19(10),1001-1005頁   1999/10