大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  ホウキ マサノリ
  保木 昌徳   健康栄養学部 健康栄養学科   教授
■ 標題
  Surgical intervention for a pancreatoblastoma associated with tumor thrombus in the portal vein.
■ 概要
  (担当部分)患者管理、手術 (概要)膵芽腫は頻度の少ない小児固形悪性腫瘍である。発見時は、進行例多くその治療法には未だ決まった方法はない。今回、進行膵芽腫に対して神経芽腫に準じた強力な化学療法の後門脈血行再建を伴う拡大手術を施行し切除し根治可能であった症例を報告した。
  Yonekura T, Kuboita A,Hoki M, Hirooka S, Kosumi T, Haji S, Ohyanagi H, Kitayama H.
  共著   Medical Pediatr Oncology   31,359頁   1998