大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  ホウキ マサノリ
  保木 昌徳   健康栄養学部 健康栄養学科   教授
■ 標題
  小児鼠径ヘルニアに抗生剤予防投与は必要か
■ 概要
  (担当部分)データ収集 (概要)小児鼠径ヘルニア手術症例に対してprospective studyを行い、術後の抗生剤予防投与の意義を検討した。小児鼠径ヘルニアの術後には抗生剤非投与群においても創感染率は上昇せず、抗生剤投与によっても発熱等の予防効果に有意差は認めなかった。以上より小児の鼠径ヘルニア術後に抗生剤投与は必要ないと考えられる。但し創部近傍にアトピー性皮膚炎を伴う症例には抗生剤予防投与が望ましい。
  中山剛之、窪田昭男、米倉竹夫、保木昌徳、加藤道男、大柳治正
  共著   小児外科   31(6),579-581頁   1999/06