大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  ホウキ マサノリ
  保木 昌徳   健康栄養学部 健康栄養学科   教授
■ 標題
  Measurement of serum hyluronic acid as a sensitive marker of liver fibrosis in biliary atresia.
■ 概要
  (担当部分)計画立案 (概要)胆道閉鎖症術後肝硬変の進行度は、生検組織と比べると血漿ヒアルロン酸値が繊維化の度合いとよく相関した。胆道閉鎖症術後肝硬変のひとつの指標として血漿ヒアルロン酸値は、肝移植が必要かどうかの予後判定因子となりうる。
  Hasegawa T. Sasaki T. Kimura T. Hoki M.Okada A. Mushiake S. Yagi M. Imura K
  共著   J Pediatr Sur   35(11),1643-1646頁   2000/12