大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  ホウキ マサノリ
  保木 昌徳   健康栄養学部 健康栄養学科   教授
■ 標題
  Bone marrow cells adopt the phenotype of other cells by spontaneous cell fusion.
■ 概要
  (担当部分)in vivoの実験部分 (概要)ラット骨髄細胞とES細胞のco-cultureによりES細胞機能を持つ骨髄細胞を得た。分析により骨髄細胞の脱分化ではなく細胞融合によるものと判明した。adlut stem cellの脱分化より細胞融合による形質獲得の頻度が高いことを示し再生医療研究に一石を投じた。
  Terada N, Hamazaki T, Oka M, Hoki M, Mastalerz DM, Nakano Y, Meyer EM, Morel L, Petersen BE, Scott EW.
  共著   Nature   4; 416(6880),542-545頁   2002/04