大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  イジリ ヨシノブ
  井尻 吉信   健康栄養学部 健康栄養学科   准教授
■ 標題
  Varying the ratio of dietary n-6/n-3 polyunsaturated fatty acid alters the tendency to thrombosis and progress of atherosclerosis in apoE-/-・LDLR-/- double knockout mouse.
■ 概要
  n-3系脂肪酸の作用が注目されている。そこで、先天的動脈硬化発症ApoE-/- LDLR-/- ダブルノックアウトマウスの頸動脈とHe-Neレーザー惹起血栓形成法を組み合わせた、食餌感受性の高い血栓のマウスモデルを用い、n-3系脂肪酸の有用性を検討した。その結果、n-3系脂肪酸増量の割合に依存して抗血栓効果が認められた。この成績はn-3系脂肪酸がn-6系脂肪酸によるアラキドン酸由来の種々のエイコサノイド産生抑制をもたらし、血栓形成傾向を抑制した可能性を示唆した。本論文は臨床栄養学(食事による循環器疾患の予防)領域の業績である。担当部分:共同研究につき抽出不可能
  分担執筆:Tsutomu Yamashita, Etsuko Oda,Takashi Sano, Takatoshi Yamashita, Yoshinobu Ijiri, Giddings JC, Junichiro Yamamoto
  共著   Thrombosis Research   116(5),393-401頁   2005/04