大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  イジリ ヨシノブ
  井尻 吉信   健康栄養学部 健康栄養学科   准教授
■ 標題
  「栄養療法のピットフォール」MNA®とMNA-SF®をいかに上手に活用するか?
■ 概要
  MNA®は高齢者の栄養状態を的確に評価できるだけでなく、生命予後を予測することができるアセスメントツールとして有用とされている。特に、MNA-SF®は4分以内で実施でき、かつ専門的な知識を持たなくても評価が可能であることが特徴である。しかしながら、欧米人のデータを基に開発された手法であるため、日本人高齢者に応用するのは適切であるか問題である。今後は、より多くの日本人高齢者から得られたデータを用いた研究により、さらに信頼性の高いアセスメントツールになることが望まれる。本論文は臨床栄養学領域の業績である。担当部分:全般
  井尻吉信、山東勤弥
  共著   臨床栄養   医歯薬出版   126(6),702-707頁   2015/05