大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  ヤマサキ テルオ
  山崎 晃男   学芸学部 心理学科   教授
■ 標題
  Sound environment in a hospital –A case study (病院の音環境-ケーススタディ)
■ 概要
  病院の外科病棟で、入院中の患者にアンケート調査を行うととともに、個室、4人部屋回復室、および詰所で騒音レベルの測定も実施した。その結果、どの部屋においても、LAeq,16h(昼間)もLAeq,8h(夜間)もともに環境基準の屋内指針値を上回っていることがわかった。また、もっともうるさい音として、部屋ごとに特徴のある音が指摘された。これらの結果に基づいて、病棟の音環境を改善する対策を提案した。
担当部分:共同研究のため本人担当部分の抽出不可能。

  分担執筆:桑野園子,山崎晃男,山内美穂,岡澤恵子,桜本葉子,松本晴美,寺田美鳥,井口由美,伊藤憲子
  共著   騒音制御   第24巻(4号),258-267頁   2000/08