大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  ヤマサキ テルオ
  山崎 晃男   学芸学部 心理学科   教授
■ 標題
  幼児による音楽演奏における感情の表現
■ 概要
  タンバリンの即興演奏によって聴き手を「楽しい」「怒った」「悲しい」気持ちにさせるよう幼稚園児に求め、その演奏を分析した。その結果、「悲しい」演奏は「怒った」演奏よりも弱く叩くというように、園児は感情によって音のレベルを異なって演奏していた。また、リズム模倣能力の高い園児は、感情によって音密度も変える傾向を示した。これらのことは、幼児でも基本的な感情に関しては、音楽演奏によってそれらを表現する能力を有していることを示唆している。
  単著   大阪樟蔭女子大学人間科学研究紀要   (第3号),97-105頁   2004/01