大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  ヤマサキ テルオ
  山崎 晃男   学芸学部 心理学科   教授
■ 標題
  幼児による音楽演奏を通じた感情的意図の伝達(査読つき論文)
■ 概要
  幼児による音楽演奏を通じた感情的意図の伝達について調べるため、二つの実験を行った。実験1では、幼稚園児が聴いている人を「楽しい」「怒った」「悲しい」気持ちにさせるようにタンバリンの即興演奏を行った。演奏分析の結果、感情が音量と打間時間に影響を及ぼしていることが分かった。実験2では、大学生が実験1で得られた演奏の感情的意図を判断した。意図した感情が正しく伝わった率は、その感情においてもチャンスレベルよりも高かった。
  単著   音楽知覚認知研究   第12巻(1・2号),1-14頁   2006/12