大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  ヤマサキ テルオ
  山崎 晃男   学芸学部 心理学科   教授
■ 標題
  演奏者の意図の表現と伝達について
■ 概要
  音楽美学では、音楽の意味を音楽の形式そのものに求める立場と音楽の意味を音楽がもたらす感情に求める立場との間で長い対立の歴史がある。本論文では、現実場面での様々な人々の音楽的経験を重視する心理学的立場から、その両方の意味を認める必要性があることを指摘した。その上で、演奏者の意図として、形式的意図と感情的意図の2つを区別し、各々の表現と伝達に関わる音楽心理学的研究についてのレビューを行った。
  単著   大阪樟蔭女子大学人間科学研究紀要   (第6号),125-135頁   2007/01