大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  ヤマサキ テルオ
  山崎 晃男   学芸学部 心理学科   教授
■ 標題
  音楽演奏におけるレガート感と聴覚の関係
■ 概要
  演奏に関する音楽心理学研究として,音楽演奏におけるなめらかさの印象に影響を与える時間的要因が検討された。実験の結果,連続的に呈示された減衰音は物理的に若干重畳しているときにちょうど接しているように感じられるのに対し,定常音は物理的に僅かに離れているときにちょうど接しているように感じられることや,連続する2音間の時間関係が音色の印象に系統的に影響することなど,多くの興味深い結果が得られた。
  分担執筆:難波精一郎,桑野園子,山崎晃男,西山慶子
  共著   大阪大学教養部研究集録(人文・社会学科)第41輯   17-35頁   1993/02