大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  ヤマサキ テルオ
  山崎 晃男   学芸学部 心理学科   教授
■ 標題
  Impression of smooth- ness of a sound stream in relation to legato in musical performance (音楽演奏におけるレガート感に関係する連続音のなめらかさの印象)
■ 概要
  音楽演奏におけるなめらかさの印象に影響を与える時間的要因について,聴覚の動特性と関連づけた検討がおこなわれた。音が連続的に呈示されたときに,音と音との時間的関係についての印象に関して減衰音と定常音が示す異なった傾向は,聴覚の動特性のモデルとよく合致していることが,コンピュータ制御に基づく人工的な演奏を用いた実験とピアニストによる実際の演奏を用いた実験によって示された。
  分担執筆:桑野園子,難波精一郎,山崎晃男,西山慶子
  共著   Perception & Psychophysics   56(2),173-182頁   1994/08