大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  カワカミ マサヒロ
  川上 正浩   学芸学部 心理学科   教授
■ 標題
  日本語における4拍語の表記頻度データベース(1)
■ 概要
  本研究では,表記の親近性や,単語の形態情報と意味情報との対応に着目し,平仮名やカタカナ,あるいは漢字で表記される可能性のある単語について,その表記(形態)の頻度(天野・近藤,2000)と,単語(意味)の頻度とに関するデータベースを作成することを目的とした。ここでは,対象とする単語のモーラ数を4拍に限定し,検査等に用いるための4拍語のデータベースを作成した。本稿では複数の表記が存在する4拍語について,そのデータベースを報告した。
  川上正浩・新名加奈子
  共著   大阪樟蔭女子大学大学院人間科学研究科臨床心理学専攻・附属カウンセリングセンター研究紀要   8,51-58頁   2014/03