大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  カワカミ マサヒロ
  川上 正浩   学芸学部 心理学科   教授
■ 標題
  心理学では何が教えられるべきか—心理学テキストの索引分析(1)—
■ 概要
  心理学は領域の広い学問である。そして,心理学という学問内での領域が細分化されているため,“心理学”という1つの学問体系としての基礎知識がどの範囲のものを指すのかは,極めて曖昧であると言える。こうした心理学領域での,特に初学者に対しての教育の“エッセンス”を用語の形で明らかにすることが必要であり,本研究では,心理学のテキストの索引をテキストデータとして扱い,そのデータベース化を行う。今回のデータでは2006年から2010年に刊行された35冊の心理学テキストを参照したパイロット・スタディの結果を報告した。
  単著   大阪樟蔭女子大学研究紀要   4,3-14頁   2014/01