大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  カワカミ マサヒロ
  川上 正浩   学芸学部 心理学科   教授
■ 標題
  本学心理学科学生の性格特性—ビッグファイブを用いて—
■ 概要
  本研究は,本学心理学科1年生を対象に実施した性格検査の結果について報告するものである。2008年から2013年にかけて,本学心理学科1年生を対象に和田(1996)のBFSを実施し,その年次変化を傾向分析した。また,他大学で収集したデータや先行研究にて報告されているデータと比較検討を行った。その結果,2008年から2013年にかけては,本学心理学科1年生の,ビッグファイブによって測定される性格特性には調査年による差異は見いだせないこと,他大学や先行研究にて報告されているデータと比較して,本学心理学科学生は,ビッグファイブにおける外向性,誠実性,調和性が低い傾向が認められることが明らかになった。
  単著   大阪樟蔭女子大学大学院人間科学研究科臨床心理学専攻・附属カウンセリングセンター研究紀要   10,111-122頁   2016/03