大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  カワカミ マサヒロ
  川上 正浩   学芸学部 心理学科   教授
■ 標題
  日本語の視覚的認知課題における処理単位
■ 概要
  名古屋大学に提出した修士論文。単語の認知過程において,その処理単位がいかなるものであるのかを,呈示された文字列が単語であるか否かを判断する語彙判断課題を用いて検討した。プライミングパラダイムを用いた実験1では,漢字語,仮名語をプライムとし,プライムが見慣れた表記で呈示されることがターゲットの処理を促進することを示した。実験2,3ではひらがな語,カタカナ語を用い,見慣れた表記形態であれば,単語全体を1つのユニットと見なした全体一括処理が成されうる可能性を示唆した。
総頁69

  単著   名古屋大学大学院教育学研究科      1988/01