大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  カワカミ マサヒロ
  川上 正浩   学芸学部 心理学科   教授
■ 標題
  漢字二字熟語の意味とそれを構成する漢字の意味との関連性(透明性)データベースの構築
■ 概要
  視覚呈示された単語認知過程に関する多くの研究が,単語を読む際の部分の処理と全体の処理との相互作用に注目している。日本語で最も一般的な単語構造である漢字二字熟語についても,部分処理と全体処理との関係が検討されてきた。本研究では,漢字二字熟語自体の意味と構成要素の漢字の意味との一致が調査された。合計208人の大学生がこの研究に参加した。415項目の漢字二字熟語のリストは,4つのサブリストにランダムに分割された。調査参加者はそれぞれ1つのサブリストに対し,漢字二字熟語の意味とその構成要素の漢字の意味の一致を主観的に評価するよう求められた。この評定値の平均および標準偏差が計算された。結果はテーブルで示されている。このデータベースは,認知心理学領域の単語認知過程の検討に際して,漢字二字熟語の透明性に関するデータベースを提供する。
  単著   大阪樟蔭女子大学研究紀要   8,19-28頁   2018/01