大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  カワカミ マサヒロ
  川上 正浩   学芸学部 心理学科   教授
■ 標題
  漢字構成における部品(部首)・音韻対応表
■ 概要
  JIS一種に含まれる漢字2965字のうち,左右に分離可能と見なされる漢字(左右分離漢字)1668字を抽出し,これらを構成する部品(左右部品)についてデータベース化した齋藤・川上・増田(1995)を引き継ぎ,これらの部品の分布と漢字の音韻情報との対応について検討した。分析の結果,左右分離漢字を構成する右部品の種類は760個であり,このうち339個の部品には,各部品の音韻と一致する音韻を持つ漢字が存在することが示された。さらに左右分離漢字1668字のうち,その右部品と同じ音韻を持つ漢字は551字であることも示された。また右部品を共有する漢字群のもっとも主要な音韻と一致する音韻を持つ漢字は1159字存在し,右部品が漢字の音韻を推測する有効な手がかりであることが示された。
担当部分:共同研究につき,本人担当部分抽出不可能。

  分担執筆:齋藤洋典,川上正浩,増田尚史
  共著   情報文化研究   2,89-115頁   1995/10