大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  カワカミ マサヒロ
  川上 正浩   学芸学部 心理学科   教授
■ 標題
  上下分離漢字における部品(部首)の出現頻度表II
■ 概要
  JIS一種に含まれる漢字2965字のうち,上下に分離可能と見なされる漢字(上下分離漢字)807字を抽出し,これらを構成する部品(上下部品)についてのデータベース化を行った。具体的には,全ての上下部品をコード化し,その出現頻度を算出した。分析の結果,上下分離漢字を構成する部品の数は618個であること,これらのうち上位置にのみ出現する部品の数が211個,下位置にのみ出現する部品の数が321個,上下いずれの位置にも出現する部品の数が86個であることが示された。
担当部分:共同研究につき,本人担当部分抽出不可能。

  齋藤洋典・川上正浩・増田尚史
  共著   情報文化研究   6,115-130頁   1997/10