大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  カワカミ マサヒロ
  川上 正浩   学芸学部 心理学科   教授
■ 標題
  Form and sound similarity effects in kanji recognition.(漢字認知における形態的,音韻的類似性の効果)
■ 概要
  漢字2語を短時間先行呈示し,probeと呼ばれる後続漢字が,先行した漢字2語の中に含まれていたか否かを判断する課題を用い,漢字を構成する部品の形態情報,音韻情報の活性化について検討した。先行する漢字としては存在しないが,これらに含まれる部品によって構成されるprobe漢字に対して誤った再認が認められることが示された。またこの虚再認の生起パターンから,形態情報と音韻情報との交互作用について論じた。
担当部分:共同研究につき,本人担当部分抽出不可能。

  分担執筆:Saito, H., Masuda, H., Kawakami, M.
  共著   Reading and Writing: An Interdisciplinary Journal   10,323-357頁   1998/10