大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  カワカミ マサヒロ
  川上 正浩   学芸学部 心理学科   教授
■ 標題
  JIS一種漢字2965字を用いた漢字二字熟語の累積類似語頻度表
■ 概要
  JIS一種に属する漢字を前漢字,後漢字とする漢字二字熟語の累積類似語頻度を,Macintosh版岩波広辞苑第四版(新村出記念財団,1995)による類似語調査(川上,1997)と国立国語研究所(1997)による熟語の出現頻度とに基づいて算出した。JIS一種に属する漢字それぞれに対して,当該漢字を前漢字とする累積類似語頻度,当該漢字を後漢字とする累積類似語頻度,またこれらの合計である総累積類似語頻度が示された。漢字二字熟語あるいは漢字二字からなる擬似熟語の認知過程の検討に際して,本研究の算出結果による刺激語の統制が期待される。
  単著   読書科学   44(4),150-159頁   2000/12