大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  カワカミ マサヒロ
  川上 正浩   学芸学部 心理学科   教授
■ 標題
  個人特性が心理学科オリエンテーションに対する態度に及ぼす影響(1)−オリエンテーションに対する態度の基礎データ−
■ 概要
  心理学科の学生が,新入生対象のオリエンテーションに対してどのような期待を持っているのか,またオリエンテーションを体験し,そこで何を得たのか調査を行った。その結果,学生の抱いている期待や獲得感に関する基礎データと,それらを構成する下位要素がどのように体系づけられているのかが明らかにされた。本結果は,新入生が何を求めているのか,どのような工夫をすれば新入生のその後の大学生活を効果的に方向付けることができるのかを示す,今後のオリエンテーション企画構成の指針となるものと思われる。
担当部分:共同研究につき,本人担当部分抽出不可能。

  担執筆:佐久田祐子,奥田 亮,川上正浩,坂田浩之
  共著   大阪樟蔭女子大学人間科学研究紀要   2,59-71頁   2003/01