大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  カワカミ マサヒロ
  川上 正浩   学芸学部 心理学科   教授
■ 標題
  個人特性が心理学科オリエンテーションに対する態度に及ぼす影響(3)−出身校,居住形態との関連から−
■ 概要
  心理学科の新入生を対象としたオリエンテーションにおいて,学生たちが何を期待し,何を得たと考えているかについて,学生の個人差の観点から検討を加えた。本研究において検討された個人差は,出身校と居住形態の2つであった。分析の結果,内部生よりも外部生が,交友関係を築いたり,情報を得たりする機会をより強く求めていること,またオリエンテーションを企画として充実したものであると考えていることなどが示された。また居住形態がオリエンテーションへの期待や評価あるいは学生生活の満足感に与える影響はほとんど認められなかった。
担当部分:共同研究につき,本人担当部分抽出不可能。

  分担執筆:川上正浩,坂田浩之,佐久田祐子,奥田亮
  共著   大阪樟蔭女子大学人間科学研究紀要   3   2004/01