大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  カワカミ マサヒロ
  川上 正浩   学芸学部 心理学科   教授
■ 標題
  新入生オリエンテーションにおける獲得感と大学生活満足感との関連性について(2)― 複数学科のデータに基づく分析 ―
■ 概要
  本研究では,複数の学科におけるFOPを調査・分析の対象とし,FOPが大学生活に与えるより普遍的な影響を明らかにすることを目的とした。3学部8学科のオリエンテーションを対象とした調査の結果,入学当初のフィット感や交友満足は,FOPそのものへの積極的な参加を促し,特に帰属感高揚や居心地の良さを通じて,以後の大学生活充実感へとつながっていることが示された。以上のことから,効果的なオリエンテーションを考える上で重点を置くべきなのは,大学および所属学科への帰属感を高め,同時に参加して楽しいと思えるようなプログラムであると言える。
  佐久田祐子・奥田 亮・川上正浩・坂田浩之
  共著   大阪樟蔭女子大学人間科学研究紀要   7,47-56頁   2008/01