大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  カワカミ マサヒロ
  川上 正浩   学芸学部 心理学科   教授
■ 標題
  不思議現象に対する態度における大学生女子と高校生女子の比較
■ 概要
  本研究では,若年層の中で大学生女子と高校生女子とを比較することにより,発達的な視点から不思議現象に対する態度を検討した。不思議現象に対する態度尺度APPle,Locus of Control尺度,批判的思考尺度を用いて検討した結果,大学生になると不思議現象に対する肯定的態度が低下し,一般的な態度が形成されているため,改めて態度形成のために不思議現象を批判的に分析する必要が生じない野に対して,高校生は態度が未形成であることから,自らの主観的な体験や見聞に基づいて帰納的に情報を処理している可能性が示唆された。
  小城英子・坂田浩之・川上正浩
  共著   聖心女子大学論叢   112,65-85頁   2009/02