大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  カワカミ マサヒロ
  川上 正浩   学芸学部 心理学科   教授
■ 標題
  大学1回生から4回生までの横断および縦断データから見た大学生活充実度の推移
■ 概要
  本研究では1回生から4回生を対象に大学生活充実度尺度を実施し,その因子構造について検討した上で,大学生活充実度が学年ごとにどのように異なるのかについて分析を行なった。まず大学生活充実度尺度については,因子分析によって“フィット感”,“交友満足”,“学業満足”,“不安”の4因子が抽出された。そして4回生時に充実度全般が最も高まることが明らかになった。一方,1~2回生にかけては充実度にほとんど変化が見られず,2~3回生にかけては部分的に充実度が高まるという結果と,ほとんど変わらないという結果の,相違する二つの結果が得られた。
  分担執筆:奥田 亮・川上正浩・坂田浩之・佐久田祐子
  共著   大阪樟蔭女子大学人間科学研究紀要   9,1-14頁   2010/01