大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  カワカミ マサヒロ
  川上 正浩   学芸学部 心理学科   教授
■ 標題
  漢字二字熟語の類似語数効果に同時構音課題は影響を及ぼすか
■ 概要
  本研究では漢字二字熟語の類似語数が語彙判断課題に及ぼす効果が,音韻表象の活性化を妨害する同時構音課題の有無によって変容するか否かを検討した。47名の実験参加者を対象とした実験の結果,漢字二字熟語の類似語数は,その語彙判断時間に促進的な影響を与えていることが示された。またこの類似語数による促進効果は,同時構音課題を課した場合にも認められた。本研究の結果から,漢字二字熟語における類似語数の効果は,音韻処理の段階で生起している効果ではないと解釈された。
  単著   大阪樟蔭女子大学研究紀要   3,39-45頁   2013/01