大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  フジサワ ヨシユキ
  藤澤 良行   学芸学部 国際英語学科   教授
■ 標題
  William Faulknerの"Barn Burning"試論-語りとその主題について-
■ 概要
  フォークナーの短篇「納屋燃える」における語りの位置づけとその内容との関連を探る。主人公の少年サーティが放火魔の父親アブ・スノープスとの相克を重ねつつ大人へと成長していく姿を,特に語り手が明示している代名詞の使い方に着目してその異同をたどることで跡づける。そして語り手の立場を反映しているものとして最終的に彼が正義を果たす義務を選び,父親の元を離れていく決断をすることの意味を検討する。
  単著   大阪医科大学紀要『人文研究』   (第24号),1-29頁   1993/03