大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  ハシモト ヒデミ
  橋本 秀美   学芸学部 心理学科   教授
■ 標題
  登校拒否:登校拒否中学生の回復過程とその後
■ 概要
  全体の概要:多様な態様の登校拒否の治療事例の検討を通して、その共通性および個別性を検討した。その結果、登校拒否の有効な治療援助方法として、心理治療と教育的支援との折衷主義的なカウンセリングの有効性が示された。また、進路指導に関する社会心理的関与が示された。登校拒否が最初に公表されて以来の、最近までの傾向の変化や普遍性、日本社会と外国との比較検討を行い、今後の教育心理臨床における課題として、子どもを取り巻く人的資源の重要性が示され
た。
A4判、掲載頁(7頁)

  橋本秀美、フェルトン晴子
  共著   湊川女子短期大学研究紀要   第30集,11-17頁   1996/03