大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  ハシモト ヒデミ
  橋本 秀美   学芸学部 心理学科   教授
■ 標題
  学校心理士と教育現場についての考察
■ 概要
  学校心理士の学校での機能は、それが学校に根付くことから始まり、校内体制としてシステム化し、学校組織の1部として機能していくことである。本研究では、学校心理士に必要な資質を検討する。その結果、力量と人柄(人間性)、柔軟性(臨機応変性)、視野の広さと大局的な判断力(見通し)などを提言する。さらに、学校心理士は、できること、できないことを見極め、他の専門領域と連携協力することが必要であることを提言した。
本人担当部分:「教育と心理の統合的援助を行う学校心理士」というテーマで、
①教育相談の経験から考える
②学校心理士が学校でどう援助するか、その働きは何か
③学校コンサルテーションの有効性
④学校心理士のアイデンティティとは
について、提言した。
B5判、掲載頁:pp.37-41.(5頁)

  <共著者>橋本秀美、石隈利紀、塩見邦雄、横島義昭、永松裕希、ほか2人
  共著   教育心理学年報   第39集   2000/03