大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  ハシモト ヒデミ
  橋本 秀美   学芸学部 心理学科   教授
■ 標題
  学校カウンセリングの現状と今後の課題
■ 概要
  これまでの学校カウンセリングの研究を、それを行う主体を誰に位置づけるかという側面から考察したうえで、教育現場での実践的な現状を概観した。また我が国のこれまでの学校教育相談の理論や実践に近接しながらも新たな方向性を探索した。これらの観点で、教師カウンセラー事業等、それぞれの課題や問題点を探りながら、今後の新たな可能性を展望した。現職教員の再教育や研修等の充実により、教員でカウンセリングのできる人材の養成やその活用方法を提唱した。
B5判、掲載頁:pp.18-25.(8頁)

  単著   応用教育心理学研究   第18巻(24号)   2001/03