大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  ハシモト ヒデミ
  橋本 秀美   学芸学部 心理学科   教授
■ 標題
  青年期の共感性に関する探索的研究―文章完成法(SCT)を中心とした分析―
■ 概要
  オリジナルに作成した文章完成法を用いて、共感性の構造を明らかにしようとした。青年が実際に感じている共感性の内容を調べ、青年の共感性をより正確に理解し、共感性の規定因構造の探索的研究を行った。その結果、青年期の共感性が、相手の感情が肯定感情か否定感情かにより、共感性に違いがみられる可能性があること、表情や態度に関する共感は、男子が年齢とともに変化がみられないのに対して、女子は年齢が上がるに伴って減少すること、などが示唆された。
B5判、掲載頁:pp.27-35.(9頁)

  単著   夙川学院短期大学研究紀要   (第29号)   2004/03