大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  ハシモト ヒデミ
  橋本 秀美   学芸学部 心理学科   教授
■ 標題
  登校拒否児童生徒の適応指導の在り方に関する調査研究―適応指導教室の児童生徒理解と対応―
■ 概要
  全体の概要:登校拒否児童生徒の自立を促し、自己あるいは社会生活の適応を図るための学校と家庭との中間的存在としての適応指導教室についての調査研究を行った。子ども達への教育的支援と心理治療との両側面からアプローチを試みた多数の事例研究及び実態調査などから、その有効性を分析した。適応指導教室の概要や活動、通級教室としての役割、訪問相談や電話相談について検討した。これらを通して、適応指導が登校拒否児童生徒の“心の居場所 ”であり、登校拒否の回復に重要な役割を果たしていることが示された。
B5判、掲載頁pp.16-107.

  橋本秀美、ほか10名
  共著   文部省調査研究委託研究調査書      1995/03