教員情報   
   TOPページ   


  マツシタ ソヨグ
  松下 戦具   学芸学部 化粧ファッション学科   准教授
■ 学歴
1. 2003/04~2005/03 大阪大学大学院 人間科学研究科 修士課程修了
2. 2005/04~2008/03 大阪大学大学院 人間科学研究科 博士課程修了 博士(人間科学)
■ 職歴
1. 2003/04~2006/03 大手前大学 社会文化学部 テイーチング・アシスタント
2. 2004/04~2004/09 放送大学 教養学部 テイーチング・アシスタント
3. 2005/04~2005/09 近畿大学 文芸学部 非常勤助手
4. 2005/07~2007/09 神戸総合医療専門学校 診療放射線科 非常勤講師
5. 2005/10~2008/03 神戸総合医療専門学校 看護科 非常勤講師
全件表示(20件)
■ 現在の専門分野
  心理学 (キーワード:化粧に関する心理,視覚,魅力,実験心理学) 
■ 著書・論文歴
1. 論文  The asymmetrical influence of timing asynchrony of bass guitar and drum sounds on groove  (共著) 
2. 2015/07 論文  Measurement of eye size illusion caused by eyeliner, mascara, and eye shadow  (共著) 
3. 2015/05 論文  Eye shape illusions induced by eyebrow positions  (共著) 
4. 2015/05 論文  A real-life illusion of assimilation in the human face: Eye size illusion caused by eyebrows and eye shadow  (共著) 
5. 2015/02 論文  フレーザー・ウィルコックス錯視の近年の研究動向  (単著) 
全件表示(18件)
■ 所属学会
1. 日本基礎心理学会
2. 日本心理学会
3. 日本行動計量学会
4. 日本視覚学会
5. 日本認知心理学会
全件表示(6件)
■ 学会発表
1. 2016/06/18 サッカードによる錯視運動の抑制に色やグラデーションは必須か(日本認知心理学会第14回大会)
2. 2016/06/18 人は別の視点から見た顔を想像できるか?-視点手掛かりの事前提示が顔の再認成績に及ぼす影響-(日本認知心理学会第14回大会)
3. 2016/06/18 賭け行動における無常観の効果-株価予測を用いた研究-(日本認知心理学会第14回大会)
4. 2015/09/22 人間は考える「足」である?─移動に関連した動作が空間的視点取得に果たす役割─(日本心理学会第79回大会)
5. 2015/09/22 周辺視における表情変化・人物変化の検出容易性比較(日本心理学会第79回大会)
全件表示(55件)
■ 社会における活動
1. 2009/02 和歌山県立耐久高等学校 出張講義(「教育研究業績書」にも記載)
2. 2016/09 (予定)大阪大学21世紀懐徳堂i-spot講座(大阪市と大阪大学が共催する市民向け公開講座) 講義
■ 教育上の能力
●作成した教科書、教材
1. 2010/11/30 (1) 「高等教育論入門 -- 大学教育のこれから」ミネルヴァ書房 早田幸政・青野透・諸星裕(編著)