教員情報   
   TOPページ   


  スギモト カオル
  杉本 香   学芸学部 国際英語学科   講師
■ 学歴
1. 1991/04~1993/03 関西外国語大学 短期大学部 米英語学科 卒業
2. 1996/08~1997/05 The University College of the Cariboo ESL コース 卒業
3. 2003/04~2005/03 大阪外国語大学 外国語学部 国際文化学科 日本語専攻 卒業
4. 2005/04~2007/03 大阪外国語大学大学院 言語社会研究科 博士前期課程 国際言語社会専攻 日本コース 修士課程修了 修士(言語・文化)
5. 2008/09~2014/02 国立慶尚大学校 大学院 日本学科 日本語教育専攻(경상대학교 대학원 박사과정 일본학과 일어교육전공) 博士課程修了 文学博士(学位番号:慶尚大2013(博)64)(文学)
■ 資格・免許
1. 2000/03 日本語教育能力検定試験合格
2. 2006/11 ACTFL Oral Proficiency Tester資格取得
■ 職歴
1. 1993/04~1996/03 JTBグループ 株式会社サンアンドサン関西 企画部
2. 1999/04~2000/03 インドネシア バリ 国立工科短期大学 観光学科 日本語教師
3. 2000/04~2008/01 松下電器産業株式会社 海外研修所 非常勤講師
4. 2001/09~2007/12 国際交流基金 関西国際センター 非常勤講師
5. 2003/02~2006/02 財団法人海外技術者研修協会 関西研修センター 非常勤講師
全件表示(17件)
■ 講師・講演
1. 2015/03 日本語学習の教材を知ろう!(東大阪市)
2. 2016/03 やさしい日本語で話そう―日本語の上手(東大阪市)
3. 2017/04 やさしい日本語で伝える・答える(東大阪市)
4. 2018/03 大阪樟蔭女子大学での取り組みとその意義~「外国人のお母さんのための日本語教室」開催と「年少者のための日本語教育」科目の新設~(東大阪市)
■ 現在の専門分野
  日本語教育 (キーワード:日本語教師養成、地域の日本語教育) 
■ 著書・論文歴
1. 2016/03 論文  日本語教育実習実施報告  (単著) 
2. 2014/02 論文  授業改善と教師の成長のためのビリーフ研究―韓国中等教育における日本語教師と生徒を対象に―(博士論文)  (単著) 
3. 2013/12 論文  韓国人高校生の日本語学習に対するビリーフ  (単著) 
4. 2010/09 論文  ニーズに合わせたプロジェクトワーク 
―韓国中等日本語教師資格研修での実践と課題―  (単著) 
5. 2007/03 論文  否定的フィードバックからの気づきによる日本語習得の促進-自然習得から教室学習へ移行した学習者のケーススタディ(修士論文)  (単著) 
全件表示(6件)
■ 所属学会
1. 2006/01~ 日本語プロフィシェンシー研究会
2. 2015/04~2016/03 ∟ ジャーナル編集委員長
3. 2007/04~ 日本語日本文化教育研究会
4. 2007/09~ 韓国 日本語教育学会
5. 2012/04~ 日本語教育学会
全件表示(6件)
■ 学会発表
1. 2018/03 保育者と外国人保護者とのコミュニケーションにおける問題と日本語支援の可能性ー東大阪市でのアンケート調査の結果からー(日本語教育学会支部集会(関西)第10回)
2. 2015/09 韓国人高校日本語教師のアクション・リサーチを通したビリーフ変容と成長(TEA研究会 京都)
3. 2015/03 日本語学習者及び教師の変容研究とその方法―「複線径路・等至性アプローチ(TEA)」を例とした可能性―(言語文化教育研究学会 第1回年次大会)
4. 2014/11 自然習得から教室習得に移行した学習者へのリキャストの効果(日本語プロフィシェンシー研究会)
5. 2014/07 アクション・リサーチによるビリーフの変容と教師の成長―3名の韓国人高校日本語教師を対象として―(日本語教育国際研究大会)
全件表示(11件)
■ 社会における活動
1. 2016/10~ 大阪樟蔭女子大学日本語教室「子育て中の外国人のお母さんのための日本語教室:幼稚園の日本語」
■ 教育上の能力
●その他教育活動上特記すべき事項
1. 2006/08/05 枚方ボランティア・ステップアップ講座
2. 2007/09~2007/10 2007年度大阪府外国人サポーター1000人育成プロジェクト
3. 2013/03/30 国際交流基金関西国際センター設立15周年記念講演『コミュニケーションのための日本語教育と関西国際センターの実践』第2部「教室とコミュニケーションの現場をつなぐには?」実践例紹介
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2017/04~2018/03  東大阪市に在住する外国人の母親に対する日本語支援のための基礎調査  機関内地域貢献研究費