教員情報   
   TOPページ   


  カイドウ タカノブ
  開道 貴信   健康栄養学部 健康栄養学科   教授
■ 学歴
1. 1986/04~1989/03 大阪府立豊中高等学校 卒業
2. 1989/04~1995/03 奈良県立医科大学 医学部 医学科 卒業
3. 1997/04~2001/03 奈良県立医科大学大学院 医学研究科 病理学・外科学 博士課程修了
4. 1999/09~2000/08 Johannes Gutenberg University of Mainz Institute for Neurosurgical Pathophysiology 留学
5. 2002/01
(学位取得)
奈良県立医科大学 博士(甲第427号)(医学)
■ 資格・免許
1. 1995/05 医師免許
2. 2001/02 ドイツ語検定3級
3. 2001/08 脳神経外科専門医
4. 2004/03 介護支援専門員(ケアマネジャー)
5. 2007/01 インフェクションコントロールドクター
全件表示(15件)
■ 職歴
1. 1995/04 奈良県立医科大学附属病院 脳神経外科 臨床研修医
2. 1996/01 奈良県立奈良病院 脳神経外科 研修医
3. 1996/07 町立大淀病院 外科・脳神経外科 医員
4. 1997/06 国立大阪南病院 脳神経外科 レジデント
5. 1998/04 奈良県立医科大学附属病院 脳神経外科 非常勤医員
全件表示(15件)
■ 講師・講演
1. 2010/02 トゥレット症候群に対するDBS.(東京都小平市)
2. 2012/01 トゥレット症候群のチックに対するDBS.(東京都千代田区)
3. 2012/11 トゥレット症候群と手術治療(京都市)
4. 2013/02 脳性麻痺後ジストニアに対する脳深部刺激療法.(大阪市)
5. 2013/12 トゥレット症候群の難治性不随意運動に対する脳深部刺激療法.(東京都世田谷区)
全件表示(8件)
■ 現在の専門分野
  脳科学 (キーワード:脳神経と健康) 
■ 著書・論文歴
1. 著書  硬膜下蓄膿.  (単著) 
2. 論文  *   
3. 2016/10 著書  慢性硬膜下血腫.第11章 器質性精神障害  (単著) 
4. 2016/08 論文  Vertical parasagittal hemispherotomy for Sturge-Weber syndrome in early infancy: case report and literature review.  (共著) 
5. 2016/04 論文  Adult-onset refractory epilepsy with hypothalamic hamartoma and no gelastic seizures successfully treated by stereotactic thermocoagulation:  (共著) 
全件表示(93件)
■ 所属学会
1. 日本てんかん外科学会
2. 日本てんかん学会
3. 日本定位・機能神経外科学会
4. 日本脳卒中学会
5. 日本脳神経コングレス
全件表示(6件)
■ 学会発表
1. 2016/11/20 脳深部刺激療法を要したトゥレット症候群に伴う重度難治性チック患者の特徴.(第22回トゥレット研究会.)
2. 2016/05/07 トゥレット症候群に伴う難治性チックに対する脳深部刺激療法(第31回ニューロモデュレーション学会)
3. 2016/01/23 トゥレット症候群に伴う難治性チックに対する脳深部刺激療法の光と影.(第55回日本定位・機能神経外科学会)
4. 2016/01/23 遅発性ジストニアに対する脳深部刺激療法-その光と影.(第55回日本定位・機能神経外科学会)
5. 2016/01/22 小児例におけるInsular epilepsy surgery後の発達・認知機能の検討.(第39回日本てんかん外科学会.)
全件表示(198件)
■ 教育上の能力
●その他教育活動上特記すべき事項
1. 2007/11 第41回日本てんかん学会 優秀ポスター賞受賞
2. 2008/04 日本てんかん学会Sponsored Award(UCB賞)
3. 2008/10 日本てんかん学会JES Award (「てんかん研究」誌最優秀論文賞)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2009/04~2010/03  難治性不随意運動症状を伴うトゥレット症候群に対する脳深部刺激の有用性に関する多施設共同研究  平成21年度 厚生労働科学研究、医療技術実用化総合研究事業 
2. 2012/04~2014/03  希少難治性てんかんに関する調査研究  平成24年度 厚生労働科学研究、難治性疾患克服研究事業 
3. 2013/04~2016/03  てんかんの成立機序の解明と診断・治療法開発のための基礎・臨床の融合的研究   
4. 2014/04~2017/03  水俣病の治療向上に関する検討   
5. 2017/04~2018/03  難治性トゥレット症候群に対する脳深部刺激治療(DBS)のエビデンス創出  平成29年度 厚生労働科学研究、難治性疾患実用化研究事業 
■ 受賞学術賞
1. 2007/11 第41回日本てんかん学会 優秀ポスター賞
2. 2008/04 日本てんかん学会Sponsored Award(UCB賞)
3. 2008/10 日本てんかん学会 JES Award