教員情報   
   TOPページ   


  オクダ アキラ
  奥田 亮   学芸学部 心理学科   准教授
■ 学歴
1. 1994/04~1996/03 京都大学 大学院 教育学研究科 修士課程修了 修士(教育学)(教育学)
2. 1996/04~1999/03 京都大学 大学院 教育学研究科 博士後期課程 博士課程単位取得満期退学
3. ~1993/03 京都大学 教育学部 卒業
■ 資格・免許
1. 1998/03 臨床心理士 登録番号第7064号
■ 職歴
1. 1994/08~1996/03 宇治市教育委員会 青少年課 適応指導教室 指導員
2. 1996/04~2011/03 京都第二赤十字看護専門学校 非常勤講師
3. 1996/10~2002/03 佛教大学 学生相談室 臨床心理士
4. 1997/10~1999/03 京北町保健センター なかよし教室 臨床心理士
5. 1999/04~2004/03 大阪工業大学 情報科学部 カウンセリングルーム 臨床心理士
全件表示(21件)
■ 現在の専門分野
  心理学 (キーワード:心理療法,パーソナリティ,心理アセスメント,心理検査,社会的相互作用・対人関係) 
■ 著書・論文歴
1. 2017/01 論文  大学への帰属感を高める全学的教育プログラムの開発  (共著) 
2. 2016/03 論文  言語連想検査の刺激語の検討 ―刺激語の品詞・情動刺激性と反応時間を手がかりに―  (単著) 
3. 2016/01 論文  大学における全学科学生を対象とした帰属感高揚プログラムの開発
―2013~2015年度プログラムの比較と「教員の対談」の分析―  (共著) 
4. 2014/01 論文  大学への帰属感と大学生活充実度を高める教育プログラムの開発  (共著) 
5. 2013/01 論文  複数コホートの大学1回生〜4回生の縦断データから見た大学生活充実度の学年変化  (共著) 
全件表示(36件)
■ 所属学会
1. 1994/08~ 日本心理臨床学会
2. 2001/01~ 日本箱庭療法学会
3. 2004/10 ∟ 第18回大会 事例研究発表A1において司会を務める。
4. 2006/10 ∟ 第20回大会 研究発表Aにおいて司会を務める。
5. 2003/05~ 日本心理学会
全件表示(10件)
■ 学会発表
1. 2016/10/09 大学への帰属感高揚プログラムの探索的開発(9)(日本教育心理学会第58回総会)
2. 2016/09/18 描画前後のバウム・イメージ体験に関する研究 ―バウムの一筆止め調査から―(日本描画テスト・描画療法学会第26回大会)
3. 2016/07/27 大学生活充実感に関する研究(3)大学生活充実度尺度短縮版(SoULS-21)の妥当性の検討(2)(日本心理学会第80回大会)
4. 2015/09/22 大学への帰属感高揚プログラムの探索的開発(8)(日本心理学会第79回大会)
5. 2015/08/27 ポストモダンにおける大学生の成長モデルと時間的展望獲得に関する探索的研究(2)(日本教育心理学会第57回総会)
全件表示(27件)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2002/04~ 人格心理学personalityシート/personalityノートの活用
2. 2002/04~2005/03 基礎演習における文献講読意識の向上
3. 2003/04~ 人格検査法実習・臨床心理査定実習における投映法施行態度の映像教材
●実務の経験を有する者についての特記事項
1. 1994/04~1998/03 京都大学教育学部 「臨床心理学課題演習」及び「教育心理学実習」のTeaching Assistant
2. 1996/04~2011/03 京都第二赤十字看護専門学校「教育キャンプ」非常勤講師
全件表示(47件)
■ 職務上の実績
●実務の経験を有する者についての特記事項
1. 1996/10~2002/03 佛教大学学生相談室 臨床心理士
2. 1997/10~1999/03 京北町保健センターなかよし教室 臨床心理士
3. 1999/04~2004/03 大阪工業大学 情報科学部 カウンセリングルーム 臨床心理士
4. 2001/11~ 大阪樟蔭女子大学カウンセリングセンター 臨床心理士
5. 2002/03 大阪樟蔭女子大学カウンセリングセンター開設記念 第1回心の相談コロキアム『現代のストレス対処法について』ディスカッサント
全件表示(9件)