教員情報   
   TOPページ   


  サハシ ユミ
  佐橋 由美   児童学部 児童学科   准教授
■ 学歴
1. 1981/04~1984/03 金沢大学 教育学部 特別教科(保健体育)教員養成課程 卒業
2. 1984/04~1986/07 筑波大学大学院 体育研究科 体育方法学専攻 修士課程修了 体育学(修甲第3066号)体育学修士
3. 1988/04~1990/03 筑波大学大学院 教育研究科 教科教育(学校教育コース)専攻 修士課程修了 教育学(修甲第4625号)教育学修士
4. 2000/04~2006/03 名古屋大学大学院 教育発達科学研究科 心理発達科学専攻 博士課程単位取得満期退学
■ 資格・免許
1. 1984/03 中学校教諭1級普通免許(保健体育)
2. 1984/03 小学校教諭2級普通免許
3. 1984/03 高等学校教諭2級普通免許(保健体育)
4. 1989/07 高等学校教諭専修免許(保健体育)
■ 職歴
1. 1987/04~1988/03 筑波大学大学院 教育学研究科博士課程 研究生
2. 1990/04~1991/03 樟蔭女子 短期大学 一般教育 助手
3. 1991/04~1992/03 宝塚造形芸術大学 非常勤講師
4. 1991/04~1993/03 樟蔭女子 短期大学 人間関係科 助手
5. 1993/04~1997/03 樟蔭女子 短期大学 人間関係科 講師
全件表示(13件)
■ 講師・講演
1. 2008/10 社会性育成からみた学校体育の役割―教育としての運動・身体教育からスポーツ文化の入り口としてのスポーツ教育まで―
2. 2011/10 テニスを始めよう! エンジョイスポーツ・ヘルシーライフ!
3. 2011/11 エンジョイスポーツ・ヘルシーライフ!-テニス経験者クラス-
4. 2012/10 エンジョイスポーツ・ヘルシーライフ! テニスを始めよう!
5. 2012/11 エンジョイスポーツ・ヘルシーライフ!-テニス経験者クラス-
全件表示(7件)
■ 現在の専門分野
  余暇行動学, レジャー・レクリエーション (キーワード:レジャーの社会心理学的分析,余暇生活の充実がQOLやwell-being向上に及ぼす影響の検討,アクティブなレジャースタイルの探求) 
■ 著書・論文歴
1. 2017/08 論文  「身体表現(体育)A」授業を通じた実践的指導力の向上-授業内容の検討と学生の到達度評価・指導力評価からみた授業効果の検討-  (単著) 
2. 2016/12 論文  幼稚園・小学校教職課程における「身体表現(体育)B」の授業内容の検討と学生の到達度評価、実践的指導力向上からみた授業効果の検証  (単著) 
3. 2016/08 論文  幼児・初等教育専攻学生のための「表現」活動指導力評価尺度の作成-「身体表現」「体育」の観点を中心に-  (単著) 
4. 2010/11 論文  レジャー・レクリエーションの研究をめぐる動向と将来展望-歴史と原論(歴史、思想・哲学)-  (共著) 
5. 2010/01 論文  レジャー志向性尺度の開発:成人女性サンプルによる尺度の有効性の検討と旅行行動への応用  (単著) 
全件表示(21件)
■ 所属学会
1. 1987/04~ 日本レクリエーション学会(現 日本レジャー・レクリエーション学会)
2. 1987/04~ 日本体育学会
3. 1990/05~ 日本教育学会
4. 1994/04~ 日本テニス学会
5. 1996/07~ World Leisure and Recreation Association
全件表示(8件)
■ 学会発表
1. 2010/08 Leisure Orientation Scale: Examining its Stability, Effectiveness and Potential for Predicting Travel- behavior(11 th World Leisure Congress Chun Cheon 2010 Abstract Book)
2. 2010/05 An Investigation of the Sports Activities Promotion Model:Which is the Optimal Target Group?(5th IWG (International Working Group on Women and Sport)World Conference on Women & Sport)
3. 2009/11 レジャー・アセスメントにおける"コンストレイント調整力"概念の有効性の検討(日本レジャー・レクリエーション学会第39回大会発表論文集p.87)
4. 2008/11 レジャー・アセスメントと施策構築に関する基礎的研究(日本レジャー・レクリエーション学会第38回大会発表論文集p.90-93)
5. 2008/10 Examining the effectiveness of leisure orientation construct as a framework for understanding the factors that shape people's leisure lifestyles(10thWorldLeisureCongress(Quebec2008) Abstract/Programp.84)
全件表示(23件)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2007/04~ 「運動と健康」
●作成した教科書、教材
1. 2004/05 「余暇行動論」「演習Ⅰ~Ⅳ」の授業のための教科書(『レジャーの社会心理学』)の作成