教員情報   
   TOPページ   


  キタオ サトシ
  北尾 悟   健康栄養学部 健康栄養学科   教授
■ 学歴
1. 1995/01/31
(学位取得)
筑波大学 博士(農学)(農学(登録番号 博乙第1040号))
2. ~1981/03 筑波大学 第二学群 農林学類生物応用化学主専攻 卒業
■ 資格・免許
1. 1983/04/15 危険物取扱主任者甲種
■ 職歴
1. 1981/04~1998/03 キッコーマン株式会社
2. 1981/07~1983/01 財団法人 野田産業科学研究所 研究員
3. 1983/02 キッコーマン株式会社 生物化学研究所第3グループ
4. 1985/04~1988/03 キッコーマン株式会社 生物化学研究所第3グループ 主務研究員
5. 1988/04~1990/03 キッコーマン株式会社 生物化学研究所第3グループ 主任研究員
全件表示(20件)
■ 講師・講演
1. 1999/11 「健康と栄養」-オリゴ糖と健康-(東大阪市)
2. 2003/11 「おっ!茶!」-そのパワーの秘密にせまる-(東大阪市)
3. 2003/12 「生き物から学ぼう寒さ対策」-不凍タンパク質の働きと食品への応用-(東大阪市)
4. 2008/07 ルミノール化学発光を用いた各種ラジカル捕捉活性測定法の確立
5. 2009/10 食品の機能性を生かした調理加工-抗酸化能を指標として-(大阪市)
全件表示(9件)
■ 現在の専門分野
  キーワード:食品機能化学 
■ 著書・論文歴
1. 2014/11 論文  Purification and Characterization of Cycloisomaltooligosaccharide Glucanotransferase and Cloning of cit from Bacillus circulans U-155.  (共著) 
2. 2014/02 論文  糖質化合物による加熱調理下でのエピガロカテキンガレートの減少を抑制する効果  (共著) 
3. 2012/10 論文  加熱調理におけるスクロースのラジカル捕捉活性減少抑制効果  (共著) 
4. 2011/09 論文  油脂含量が違う市販カレールーを用いたカレーライスの調理過程における水溶性および脂溶性環境下でのラジカル捕捉活性  (共著) 
5. 2011/06 著書  新しい食品加工学  (共著) 
全件表示(59件)
■ 所属学会
1. 1981/03~ 日本農芸化学会
2. 1990/01~ 日本発酵工学(現・日本生物工学)会
3. 1993/01~ 日本応用糖質科学会(旧・日本澱粉学会)
4. 2009/10~2013/09 ∟ 近畿支部副支部長
5. 1994/01~2000/12 FCCA(Forum: Carbohydrates Coming of Age)
全件表示(16件)
■ 取得特許
1. 1981/07 (財団法人野田産業科学研究所での研究開発) 異種遺伝子大量発現用ファージベクターの開発
2. 1982/01 (財団法人野田産業科学研究所での研究開発) DNA塩基配列の解析
3. 1983/02 (キッコーマン株式会社生物科学研究所での研究開発)体外診断用酵素の開発
4. 1983/05/27 <海外特許>新種バクテリオファージおよびその育種法 (アメリカ498802)
5. 1983/06/01 <海外特許>新種バクテリオファージおよびその育種法 (欧州 83303125.5)
全件表示(47件)
■ 学会発表
1. 2017/09/01 「まぐろの漬け」における生醤油の調理特性(創立50周年記念一般社団法人日本調理科学会平成29年度大会)
2. 2017/08/31 公開記念シンポジウム「現代の食に『調理科学』はどうかかわるのか~大学教育の立場から~」(創立50周年記念一般社団法人日本調理科学会平成29年度大会)
3. 2016/08/29 生および加熱牛肉に対する生醤油の調理特性(第2報)(一般社団法人日本調理科学会平成28年度大会)
4. 2016/07/30 スクロースとの関わり(日本応用糖質科学会 第41回近畿支部会)
5. 2016/05/29 冷凍による野菜の軟化と高齢者向け食品への応用(2016年日本家政学会第68回大会)
全件表示(101件)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 1998/04~ 外部施設の見学
2. 1998/04~ 外部講師の活用
3. 1998/04~ 視聴覚教材の活用
●作成した教科書、教材
1. 1998/04~2006 図やイラストを盛り込んだプリントの活用
2. 2005/04~ 「食品加工学」
●当該教員の教育上の能力に関する大学等の評価
●実務の経験を有する者についての特記事項
●その他教育活動上特記すべき事項
全件表示(34件)
■ 職務上の実績
●実務の経験を有する者についての特記事項
1. 1985/02~1990/03 (大学との共同研究)京都大学食糧研究所「二次代謝産物の高度産生に関する研究」
2. 1997/02~1998/03 キッコーマン株式会社 研究本部第2研究部 プロジェクト3
3. 1997/06~1998/03 (大学との共同研究)近畿大学理工学部 「植物由来抗腫瘍物質に関する研究」
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2004/04~2005/03  未利用廃棄物・大根葉からの不凍タンパク質製造及びその応用開発  その他の補助金・助成金 
2. 2004/04~2005/03  発芽穀類の機能性評価と遺伝子発現特性  その他の補助金・助成金 
3. 2007/04~2009/03  咀嚼嚥下障害者食の加工調理方法の違いによる抗酸化成分の評価  基盤研究C 
4. 2010/04~2013/03  物性と抗酸化能を併せもつ調理加工方法の検討  基盤研究C 
5. 2011/04~2014/03  エコロジー調理は食品の機能性と嗜好性にどのような影響を与えるか?  基盤研究B 
■ researchmap研究者コード
  KS005038
■ 科研費研究者番号
  40150081