大阪樟蔭女子大学 教員情報   
   TOPページ   


  ツジ ヒロミ
  辻 弘美   学芸学部 心理学科   教授
■ 学歴
1. 1984/04~1988/03 滋賀大学 教育学部 小学校教員養成課程(化学研究室) 卒業
2. 1998/05 University of Hertfordshire English for Academic Study course
3. 1998/07 University of London Institute of Education English for Academic Study course 修了
4. 1998/10~1999/07 University of London Institute of Education Graduate School, Division of Psychology Advanced Diploma 修了 Advanced Diploma (Psychology)
5. 1999/09~2000/11 University of London Institute of Education Graduate School, Division of Psychology Child Development 修士課程修了 Masters in Child Development(Masters with distinction)
全件表示(6件)
■ 資格・免許
1. 1988/03 中学校教諭一級普通免許(数学 昭六二中一普 第197号)
2. 1988/03 中学校教諭一級普通免許(理科 昭六二中一普 第196号)
3. 1988/03 小学校教諭一級普通免許(昭六二小一普第116号)
■ 職歴
1. 2004/09~2005/03 University of London Institute of Education Psychology and Human Development Part-time lecturer
2. 2005/04~2007/03 大阪樟蔭女子大学 人間科学部 心理学科 助教授
3. 2007/04~2009/03 大阪樟蔭女子大学 人間科学部 心理学科 准教授
4. 2009/04~2011/03 大阪樟蔭女子大学 心理学部 発達教育心理学科 准教授
5. 2008/04~2018/03 帝塚山学園大学大学院 人文科学研究科臨床社会心理学専攻(2012年より心理科学研究科心理科学専攻) 非常勤講師
全件表示(8件)
■ 講師・講演
1. 2006/07 子どもの心と発達(滋賀県安土町)
2. 2007/10 コミュニケーションと教育(大阪樟蔭女子大学)
3. 2008/01 自分をみつめることと生きがいの発見(尼崎市大庄町公民館)
4. 2008/03 絵本の共有をとおした親子のコミュニケーション(大阪府富田林市)
5. 2008/07 自尊感情をとらえる:発達と教育の視点から(大阪樟蔭女子大学)
全件表示(34件)
■ 現在の専門分野
  教育心理学 (キーワード:言語発達、対人コミュニケーション、認知発達、リテラシー発達、心の理論) 
■ 著書・論文歴
1. 2019/01 論文  The Effect of Language on Mindreading Processes in Children  (単著) 
2. 2018/10 論文  自己概念発達スケール日本語版の開発と妥当性の検討:心的状態語と社会認知発達との関係から  (共著) 
3. 2018/09 論文  Modelling the executive components involved in processing false belief and mechanical/intentional sequences  (共著) 
4. 2018/01 論文  Depicting a protagonist's false-belief in the Frog Story: An investigation of linguistic and evaluative strategies used in written and oral narratives  (単著) 
5. 2017/01 論文  Japanese children's understanding events-representations of causality and intentionality predict theory of mind understanding  (単著) 
全件表示(51件)
■ 所属学会
1. 2002/03~2004/09 日本発達心理学会
2. 2002/05~ 言語科学会
3. 2005/06~ International Study on Infant Study
4. 2006/04~ 乳幼児教育学会
5. 2006/12~ 日本心理学会
全件表示(9件)
■ 学会発表
1. 2018/09/25 誤信念課題遂行過程における言語処理の役割の検討(日本心理学会第82回大会)
2. 2018/09/12 Four-year-olds working memory and inhibitory control can predict the development of communicative competence one year later(British Psychological Society Developmental Section 2018)
3. 2018/05/31 Cognitive underpinnings for mindful-conversational competence: the role of executive functions in socio-cognitive development(Jean Piaget Society Annual Meeting 2018)
4. 2017/12/01 誤信念課題の処理における言語刺激の役割の検討(日本基礎心理学会)
5. 2017/09/13 Is the false-belief task the best measure of mentalizing ability?(British Psychological Society Developmental Section)
全件表示(65件)
■ 社会における活動
1. 2006/10~2006/10 大阪樟蔭女子大学オープンカレッジ講師
2. 2007/07~2007/07 滋賀県安土町ボランティア講座講師
3. 2008/01~2008/01 尼崎市市民大学講師
4. 2008/07~2008/07 教員免許状更新講習講師
5. 2008/08~2008/08 平成20年度文部科学省「社会学びなおしニーズ対応教育推進委託事業」夏季講座講師
全件表示(19件)
■ 教育上の能力
●その他教育活動上特記すべき事項
1. 2003/09 英国ロンドン大学教育研究所博士課程入学セミナー
2. 2004/06 Advanced Diplomaコース学位認定試験論文の採点
3. 2005/05~2006/03 発達障害をもつ学生の特別支援の一環としての個別指導
4. 2006/07 滋賀県安土町ボランティア講座講師
5. 2007/10 大阪樟蔭女子大学オープンカレッジ講師
全件表示(22件)
■ 委員会・協会等
1. 2006/04/01~2010/03/31 大阪樟蔭女子大学入試委員会 入試委員
2. 2009/04/01~ 大阪樟蔭女子大学研究倫理委員会 研究計画審査会主査
3. 2010/04/01~2014/03/31 大阪樟蔭女子大学教務委員会 教務委員
4. 2014/04/01~2016/03/31 自己点検評価委員会 自己点検評価委員
5. 2016/04/01~ 学術研究・図書委員会 学術研究・図書委員
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2006/04~2007/03  ブックスタートを通した乳幼児期のコミュニケーション発達の支援のあり方:乳児の対絵本行動と養育者の絵本共有体験のとらえ方に注目して  その他の補助金・助成金  (キーワード:Bookstart,読み聞かせ、乳児コミュニケーション)
2. 2006/04~2009/03  心の理論における言語構造と行動制御:幼児の衝動性が他者の心の読みを惑わせるのか?  基盤研究(C) 
3. 2006/10~2008/03  乳児はどこまで他者の意図が理解できるのか  若手研究(スタートアップ)  (キーワード:認知発達、心の理論、意図性の理解、共同注意、コミュニケーション発達、Still-face,社会的認知)
4. 2007/04~2008/03  乳児は絵本を通したコミュニケーションに何を期待するのか:読み手の働きかけと乳児の反応の個人差に注目して  その他の補助金・助成金  (キーワード:Bookstart,読み聞かせ、乳児コミュニケーション、個人差)
5. 2008/04~2009/03  低次視覚情報処理過程における文脈の影響:発達的・教育的視点からの検討  その他の補助金・助成金  (キーワード:低次情報処理、幾何学図形錯視、文化間差異、認知スタイル)
全件表示(13件)
■ 受賞学術賞
1. 2000/11 University of London Prakesh De Silva Prize (発達心理、初等教育研究成績優秀者対象)
2. 2002/09 英国教育省  Overseas Research Students Awards (優秀海外留学生対象の博士研究への賞:3年間の授業料をサポート)
3. 2014/09 国際幼児教育学会学術賞
■ researchmap研究者コード
  5000094983
■ 科研費研究者番号
  80411453